これだけ!社員教育で伝える3つのポイント

社員に直接働きかけることが大事

社員研修や社員教育を効果の高いものにするためにはいくつかのポイントがあります。まず最初に改善点などを教える場合には、現在行なっていることとどう違って、何故改善したほうが良いのかを論理的に伝えることが大事です。社員の行動を感情で否定してしまうことは理不尽であり、社員全員から不満を持たれることとなってしまいます。ですから教育の際に改善点があるのなら整合性のある論理のもとで伝えるようにしましょう。

次に現在の業務をもっと効率化させたい場合の教育や研修では、あえて社員に危機感をもたせる研修を行うことが大事です。社員にとって危機感は成長の糧になる場合もあるので、研修や教育の際に危機感を煽る方法を用いれば効率化していけます。

専門講師を呼ぶことも大切

社員研修の際に自社の幹部や管理職などの人材に研修の講師を任せるという企業は非常に多いですが、研修や教育専門の部署ではない場合にはなかなか効果が出ない場合もあります。

ですから教育部門や研修部門を持っていない企業の方は是非社員教育専門の講師を呼びましょう。専門講師は社員教育のスペシャリストですから、社員教育のコンサルティングから、実際の教育まですべて責任を持って実行してくれます。外部に社員教育を発注することはそれだけコストがかかることですが、そのコストに見合った成長を見込むことが出来るようになります。社員教育でお悩みの企業の方は是非今現在行なっている社員教育をもう一度見直して、本当に正しい方法で行なっているのか点検しましょう。