やってはいけない!社員教育の注意点

経営者意識を持てと言う言葉

社員教育の際にやってはいけない事の一つに、経営者意識を持つ社員を育てるための教育が挙げられるかもしれません。経営者は当然会社の利益を追求しますが、その際の経費の重要度は誰もが理解しているものと言えるのではないでしょうか。しかし、社員に経費の観念を強要するのは、いらぬ誤解を生んでしまう可能性があると言えます。
これを社員教育の際にやってしまうと、モチベーションを下げてしまう結果につながる場合があるかもしれません。経費に関して社員が考慮しすぎると、必要な経費にまで尻込みしてしまいかえって生産性を下げるとも言えるでしょう。社員教育時には、生産性を上げるために社員側の立場に立って教育を行うようにしましょう。

経営者と社員の違いとは

経営者は雇用における社会保険などまで考慮した一人当たりの生産性などを考慮する可能性もあると言えますが、社員は手元に残るお金だけで判断する場合もあると言えます。そのため、それだけでもずれが生じてくると言えます。
社員は基本的にお金を稼ぐために会社で働き、経営者はお金を稼ぐ以外にも会社を大きくしたいと言う願望があると言えるのではないでしょうか。しかし、社員に会社が大きくなって得られるメリットがどのようなものかは想像しにくいと言えるかもしれません。社員教育時には、メリットの話をする必要があるでしょう。具体的に社員一人一人にどのようなメリットがあるのかを伝え、モチベーションを上げる事が生産性につながるとも言えるのではないでしょうか。